【メンズ必見】アパレルショップ店員が教える、1からおしゃれになる方法

オシャレしたいけどなかなかおしゃれにならないそういう悩みを抱えた30代くらいの男性にむけて1からおしゃれになる方法をご紹介します

お店で服を買って帰っていざ家で着てみると何となく違って見えるとか、店員さんに合わせ方を聞いてみたもの言われたもので合わせてみたけどいまいちしっくりこない、こういうけいけんのある男性は多いと思います

実際アパレル販売員として店頭でよく言われることなんですよね、店頭で他と一緒に合わせてみた感じはとても良かったけど参考にして他で買ってみるとなんか違うかったとかもおおいです

何でこんなことが起きるのでしょうか?我々販売員が店頭で魔法でも使っているのでしょうか?それとも店頭にある鏡がかっこよく映すのでしょうか?もちろん違います

また、セットで買ってきたもの同志はかっこよく合わせられるんだけどほかの物と組み合わせると途端にうまくいかなくなるや、いろいろ服は買ってるんだけどおしゃれになってる気がしないとかおしゃれと言われたことがないとか

これ全部同じことが原因なんです、しかも多くの男性特に30代くらいの男性に強く当てはまることです

それは何か、そもそもおしゃれなワードローブ(棚在庫、タンスの中身ですね)ができていないということにあたります。はい、それでこのタイトル1からなのです

小手先にだけちょっとトレンドのアイテムを取り入れてもすぐぼろが出てしまします、1から要は基礎からきちんとおしゃれを積み上げることで万全なおしゃれをくみ上げることができます

では、手始めにより良いワードローブを作るためにまずどうすればいいか、

・2~3年以上前に買ったものはすべて捨てる

・まずベーシックなものを体系に合わせてそろえる

この二つが大事だと言えます、特に大事なのが前者、店頭で教えてもらったコーデがうまくいかない理由がここにあります、長く使っているアイテムはその分劣化もしていますが、どんどんトレンドからずれていっています

特に近年はシルエットが大きく変化していっている時期なので、今までの単に細身のアイテムとビックシルエットのアイテムだとバランスが悪くなってしまう可能性があります、それを分かったうえで着こなす自信があるなら大丈夫ですが、ないならおとなしく全部買い替えてしまいましょう!

そしてベーシックなアイテムを揃えます、特に黒のテーパードパンツと白シャツ、ワンウォッシュ系のデニム、ネイビーセーターあたりは必需品として、好きな系統の物を買い足していきましょう。まさにちょっと前に流行ったノームコアそのものなんです

とくにこのあたりのベーシックアイテムは少しこだわっていいブランドを買ってみることをお勧めします、おそらく傷んでしまうまでの長い付き合いになると思うのでゆっくり選びましょう!

そしてその年によってトレンドのアイテムを1つ2つくらい購入してそのワードローブに組み込ませるそれが正しいおしゃれの作り方です

特に30代くらいの男性ならば私服はほぼ休日のみなのでそこまで枚数を所持する必要もありません、ましてや全身ごちゃごちゃトレンドを入れるとかえって子供っぽく見えてしまいます、なのでトレンドアイテムなんてものは1コーデで一つ入ってればいいくらいのスタンスで良いんです

1から物事を始めるためにはいったん0にする必要がります、さすがにすべて捨てろとは言いませんが少し古いと思うものは思い切って捨ててしまったほうがかえっておしゃれになれるでしょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です